読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『必見!!』

知っているようで知らない。美容&健康.

肥満と体重

 

コレステロールの高さや体脂肪率の高さに悩まされている人は少なくありませんが、過重な体重や肥満体型がその背景にあるようです。肥満を気にする人の多くが、ダイエットで体型を変えようとしています。一人一人の生活習慣や食事によって、肥満や体重の増える理由は違います。ありがちな理由としては、運動量が少ない生活や食事の摂りすぎ、不摂生や生活習慣の乱れによってエネルギー代謝が滞ることなどです。肥満対策や体重を減らすため、ダイエットを始める人は増えています。食生活を改善し、適度な運動の習慣をつけ、規則正しい生活をすることなどか大事です。ダイエットを始めた人の中には、定期検診での指摘がきっかけになったという人もいます。生活習慣病対策のため、肥満の解消や体重の減少を指導されたという場合です。また、年齢と共に代謝が低下し、使うカロリーが少なくなっていくことにも要注意です。基礎代謝が低下しても若い頃と変わらない食事をしていると、結果的に体重が増え肥満になりやすくなるようです。昔はダイエットに関心が高いのは女性であるといった認識が一般的でした。近年では、ダイエットにとり組む人は年や男女に関係がなくなっています。食生活の変化などが関係し、小さな子どもでも体重増加や肥満の傾向があり、生活習慣病のリスクが高まっています。和食離れやスナック菓子の増加、パン食や総菜を中心とした食事や生活リズムの乱れが、子どもの体重や肥満に関係しています。