読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『必見!!』

知っているようで知らない。美容&健康.

標準体重と肥満

標準体重からわかることは、自分が太っているのか、痩せているのかです。広く世界で利用されているBMI法で計算してみると、標準体重=体重(kg)÷<身長(m)×身長(m)>となります。BMI18.5以より少ないという人は、体重を増やす必要があります。BMIでは、標準体重は18.5~25.0にあてはまる数値を示します。25~30であれば肥満度1となります。30~35は肥満度2。35~40は肥満度3。それ以上は肥満度4とより細かく区分されます。体脂肪率の量にかかわらず、BMIは定められるという特性があります。数字の大小だけでは、肥満体型がどの程度のものか適切でないこともあります。体重はあるけれど、それは脂肪ではくなく筋肉の重みであり、代謝の促進にはむしろ役に立つということもあります。自身の体重が標準体重と比較するとどのくらいの位置にいるかも大事です。自分の健康状態を知るためには、定期的な体重計測で標準体重との比較を行うだけでなく、体脂肪率を測ることも役立ちます。筋肉は、同じ量の脂肪よりずっと重くできています。体重が減ったのは、筋肉が弱って脂肪にとって変わったためだったという話も珍しくありません。体脂肪率については、特に女性は標準体重でも高くなってしまっている場合があるようです。