読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『必見!!』

知っているようで知らない。美容&健康.

紫外線のケア

紫外線のケアについてです。気温が上がり、日光が降り注ぐ時間が増えて紫外線の強さを感じるようになると、日焼け止めを使うようなります。日差しの強い時期を過ぎると、紫外線の対策はほとんどしなくなる人が少なく無いようです。この頃は、年間を通して紫外線へのケアをするべきだともされています。夏以外の季節でも紫外線は地球に到達しており、皮膚に影響を及ぼしているためです。紫外線というのは、曇り空や雨の日でも晴れの日の70%ぐらいは、降り注いでいます。天気の悪い日も紫外線ケアは必要なのです。紫外線は肌を黒く焼くだけではありません。肌のしみやしわ、そばかすを増やすのも、紫外線による肌への影響の一部といえます。日焼け時には、紫外線の作用は気づきにくいようです。肌の色が日焼け前の色に戻る頃、しみやしわなどの紫外線による変化によくやく気づくというパターンのようです。皮膚にしみができるまでにタイムラグがありますので、油断して紫外線ケアをないがしろにしていると手遅れになりかねないようです。体内の免疫力が紫外線のために弱まることもありますし、皮膚ガンや白内障のリスクも高くなるとされています。蓄積されたストレスの緩和や、カルシウムの吸収を促進するビタミンDの生成のためには紫外線は役立ちますが、ケアをしっかり行わなければ皮膚トラブルなどの問題の原因になります。