読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『必見!!』

知っているようで知らない。美容&健康.

肥満の予防

肥満は予防できるのでしょうか。アメリカでは三分の一が肥満だと言われていますが、日本のみならずアメリカやヨーロッパの国々でも肥満は問題視されています。20歳以上の半分が肥満体型だという国家もあるほどで、肥満を予防することへの重要性が高まっています。日本でも年々肥満の人は増え続け、健康の面からもやはり予防することが重要な課題となっています。親から受け継いだ太りやすい体が肥満の原因だという方もいますが、多くの場合は慢性的な食べ過ぎが肥満の原因です。たいていの場合、肥満に悩む人は高カロリー食をよく食べているようです。体を動かし、生きていくために使うカロリーと同じだけのカロリーを食事で摂取することで、人間の体は維持されているものだといいます。和食離れが進み、バターやジャムたっぷりのパンや乳製品を食事に用いることで、カロリーは高くなりがちです。体を使ってエネルギーを消費する機会は少なくなっているため、太りやすいのです。食事によって日常のストレスを軽くしたいという人も多く、ストレスが食事に駆り立てる傾向があることが関わっているといいます。肥満を予防するには、食事でストレス対策を行おうとしない方がいいかもしれません。一旦肥満体型になってしまうと、ダイエットで減らすことは簡単ではありません。不必要なものを食べず、適度な運動をすることが肥満の予防法です。