読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『必見!!』

知っているようで知らない。美容&健康.

健康維持のための食品

最近では、毎日の食事に使う食品決める時に健康に気を使うことは一般的です。健康食品という単語も一般に浸透しており、健康を高めるためにと多くの人が日頃から利用しています。食事の材料に使う食品と異なるものとして分類する時に、健康食品という言葉が使われます。「保健機能食品」とは健康食品の一種で、国が定めた基準を満たし、厚生労働省からの認可を得ている商品を指します。1986年に日本健康食品協会が定めた健康補助食品のマークがついた健康食品もありますが、これは旧厚生省の指導によるものでした。この頃は、偶然手に持った健康食品に保健機能食品マークがついていたり、健康補助食品のマークがついていることもあります。日本の法律では、口に入ることを想定したものを売る時は、薬でなければ食品として分類されています。つまり、健康食品という分け方はありません。食品か薬か、健康食品とは一体どう分けられているのでしょう。健康食品は、日本の法律では食品と見なされています。薬ではない以上、健康食品を販売する際に効能があるような記載は認められていません。法律では「健康食品の摂取量及び摂取方法等についての表示の指針」という定義が別途定められています。