読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『必見!!』

知っているようで知らない。美容&健康.

健康食品の普及について

健康食品は、アメリカで使われるようになりました。アメリカは、病院での負担が高い国です。そのため健康食品で病気を防ぎ、医療費のかからない体を作ることが他の国より重視されたと考えられています。最近では、日本でもサプリメントや健康食品を愛用する人が随分と多くなってきました。とはいえ、サプリメントや健康食品が日本国内で一般化したのは近年の話で、つい20年~30年くらいだといいます。洋食文化の進出や、健康への関心を持つ人が増えたことで、サプリメントが国内で売れ始めました。この頃は、スーパーやコンビニの店先でサプリメントが売り出されている光景も当たり前になりました。栄養調整食品、健康飲料、健康食品など、決まった名前はなくメーカー毎に呼称があるようです。サプリメントという言葉が無かった時代にも、健康食品や栄養補助食品は存在していました。古くからある健康食品として代表的なのが、ビタミンAとビタミンDが摂取できる肝油ドロップなどです。戦後の日本は食べることに困窮していた時代であり、足りない栄養を補う為に学校などで支給されていたと言われています。近年の日本は食料不足の問題はほぼありませんが、食べ物に関する問題は残っています。食習慣が原因となって肥満や生活習慣病になっている人もいます。病気の予防といった観点や、不足しがちなビタミンやミネラルなどを摂取する為、健康食品の愛用者が増え続けています。