読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『必見!!』

知っているようで知らない。美容&健康.

美容に欠かせない栄養の相互関係

健康面や美容面に配慮した食生活にするには、何からビタミンやミネラルを補うようにするといいでしょう。ミネラルと呼ばれる栄養素は、主に、魚介類、海草、レバー、牛乳、大豆などの食品に多く含まれています。緑や黄色の野菜や卵の黄身、レバーにもビタミンはたっぷり含まれています。果物は美容や健康に推奨されていますが、果物を食べることで補給できる栄養とはどんなものでしょう。果物に多く含まれ、美容効果が高いとされている栄養にはビタミンCがあります。潤い豊かなお肌を保つには、コラーゲンを作る元になるビタミンCが欠かせないのです。ビタミンCは、美容効果のある成分を作るバックアップをする栄養素として重宝されています。ビタミンCのように、直接的な効果でなくても補助的な意味として美容効果がある栄養には、色々なものがあります。ビタミンC群の代謝を活発にする場合は鉄が必要ですが、その鉄の吸収率を高めるためにはビタミンCを定期的に摂取することが重要ポイントです。銅はビタミンCの活性化に役立つ栄養素ですし、マグネシウムはビタミンCを代謝する作用が期待されます。リンは、ビタミンB3の吸収を良くする栄養素です。栄養素はそれ単独で体に作用するのではなく、他の栄養素と関係しあっています。栄養素はただ漫然と取り入れるだけでなく、互いの相性を把握した上で、組み合わせを意識して摂取しましょう。そうすることで、栄養の美容効果を引き出すことができます。