読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『必見!!』

知っているようで知らない。美容&健康.

紫外線と日焼け

夏を中心に紫外線の強い季節になると、何かと気になってくるのが日焼けによる肌へのダメージです。この頃の研究では、紫外線による日焼けのためにしみやそばかすが増え、肌に刻まれるしわが増加する要因になっているといいます。紫外線による肌の影響は普段から対処する必要があります。日焼けを放置していてシミになると、そう簡単にはなくなりません。近年、日焼け止めクリームだけでなくUV対策グッズや化粧品が人気なのは、紫外線に対する関心の高さといえます。少なからずの人が、常日頃から紫外線への備えをしています。紫外線が肌に及ぼす影響については、幼少時からあると考えられています。オゾンホールの増加やオゾン層の減少などから、オーストラリアでは紫外線が直接地上に届いているともいいます。紫外線のために皮膚ガンになる人が増えており、深刻な問題として扱われています。一昔前までは日焼けをすることは健康へもつながるように言われていました。現在では、日焼けは必要最低限にのみ留めるようにしているようです。確かに成長期の子供の場合、カルシウムを生成するために日光に当たることは必要ですが、紫外線の悪影響もとても気になるところです。できれば上手に日焼け止めを塗って紫外線を避け、適切な日焼けを心がけたいものですね。