読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『必見!!』

知っているようで知らない。美容&健康.

紫外線をカットしよう

紫外線を様々な方法でカットするやり方が模索されています。強い陽射しを感じるようになると、肌への影響が気掛かりです。日焼けした肌は健康的な雰囲気がありますが、紫外線にさらされた肌は歳月を経過してしみやしわが増えがちです。若いうちは新陳代謝が活発なので、シミやしわは目立たなくても、確実に紫外線は肌の奥に影響しています。日焼けはしないほうが肌にとってはいいのです。最近はオゾン層の破壊により、紫外線がダイレクトに地球に降り注ぐことも問題視されています。オーストラリアやアメリカでは、紫外線を長時間肌に受けて皮膚ガンを発症する例が少なくありません。代謝の活発な子どもでも、紫外線をカットできるようにしておくべきです。紫外線カット効果を備えた生活雑貨が身近に増えているのは、紫外線対策を考える人が増えているためでしょう。高いUVカット機能の付いた日傘やサンバイザーはとても売れていて、夏場はすぐに売り切れるほどです。毎日身につけるようなメガネでも、紫外線カット機能があるタイプが人気です。女性の場合は常にUVカット効果の高い化粧品を使っていることも珍しくはありません。日焼け止めは夏にしか使わない、という人より今では年中紫外線を防止できるように常に気をつけている人ほうが多いとも言われています。