読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『必見!!』

知っているようで知らない。美容&健康.

頬のたるみを改善するには

美容外科で頬のたるみを減らしてもらったり、マッサージやサプリメントで頬のたるみを緩和したり、様々な手段があります。頬のたるみを引き締めるマッサージや、表情筋を鍛えて皮膚のたるみを減らすという方法は、やり方を覚えれば自宅でもできます。表情の変化とは、表情筋という顔の筋肉の伸縮によって起こりますが、これらは7割ほど眠ったままです。年齢とともに肌の血行が悪くなり、細胞に栄養分が行き渡らないとコラーゲンの合成機能が低下し頬のたるみが起こると考えられます。表情を作る筋肉をせっせと鍛えることで、頬のたるみを引き締めることが可能です。簡単な方法としては、口角と頬を一緒に引き上げる運動です。まずは右、次は左と、数秒ずつ、口元と頬の筋肉に力をこめて持ち上げるような運動をしましょう。左右繰り返し、それぞれ10回を目安に行うという内容です。リンパマッサージによって滞っているリンパの流れを良くし、不要な成分を体外に出してむくみを取る方法もあります。顔にもリンパの流れが多く集中しているため、頬のたるみやフェイスラインを整える効果が期待出来るとされています。頬を含めた顔全体のたるみ解消方法としての表情筋を鍛える運動やリンパマッサージを毎日少しずつ継続して続けましょう。5年後、10年後の顔の状態を満足のいくものにするために、今から頬のたるみの解消は積極的に行っていきましょう。