読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『必見!!』

知っているようで知らない。美容&健康.

フェイスリフトのデメリット

フェイスリフトのデメリットについて調べてみました。深く刻まれたしわを目立たなくする効果がフェイスリフトには期待できます。フェイスリフトは外科手術なので、リスクと無縁というわけにはいきません。フェイスリフトの手術痕は、メスを使う以上はできるものです。髪の生え際に隠すようにするなどしてごく小さい痕になりますが、そのつもりで見ればわかるものです。メス不要の方法も存在しますが、やはり切除する方がしわもたるみも取れます。皮膚を切り、靭帯などを動かしてしわを除くフェイスリフトは施術から一週間はむくみが引きませんし、痛みもあるといいます。他の方法としては、特殊な糸やリボン、プレートなどを皮膚の下に埋め込んで、リフトアップを図る方法もあります。メスで切る範囲が小さかったり、切らずにできるというメリットがあります。メスを使わないフェイスリフトは施術の次の日から普段通りの生活ができますし、他人に気づかれずに受けることができる美容施術です。5年~20年でフェイスリフト効果が失われることや、メスを用いる方法ほど劇的な引き上げ効果はないことが欠点といえるでしょう。まぶたが閉じにくくなる、施術前と表情が変わるなど、フェイスリフトによって神経がダメージを受け、それが予想外の形で表出することもあります。トラブルを未然に避けるために、フェイスリフトの技術力がある美容外科を選択してください。