読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『必見!!』

知っているようで知らない。美容&健康.

ダイエットで痩せる必要性

自分の体は痩せる必要性があるかを知った上でダイエットをしてください。ただやみくもに細くなりたいという理由だけで、体に負担のかかるダイエットを行うのは時にとても危険です。特に女性の場合は生理が止まったり、摂食障害を起こすケースもよく見られます。医学的な観点から考えるのであれば、肥満でなければダイエットは不必要です。自分が肥満体型かどうかは、BMIを計算して標準値と比較してみればわかります。体重÷(身長×身長)の結果がBMIです。この数字が25以上であれば、医学的には肥満とみなされます。さらに細かく分類すると肥満度1で25~30、肥満度2で30~35、肥満度3で35~40、それ以上は肥満度4になります。BMIの計算で肥満に該当する人は積極的にダイエットをして痩せる必要があります。理由は健康を害する危険があるからだそうです。大量の食事や高脂肪の食事を好む人や、運動量が絶対的に足りていない人は肥満体型に多いようです。肥満が進行すると、生活習慣病のリスクが高まり、動脈硬化心筋梗塞などの心臓や血管に関わるトラブルが発生しやすくなります。医学上の観点からも、肥満の人は積極的にダイエットをして、できるだけ標準体重まで痩せることで健康を維持することができるのです。病気予防のため、ダイエットをして痩せることが元々のあり方です。