読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『必見!!』

知っているようで知らない。美容&健康.

リバウンドの原因を取り除く方法

レプチン量による満腹感がリバウンドの原因になることがあるとされています。レプチンとは脳に満腹感を伝えるための物質で、脂肪細胞に脂肪が供給されると分泌されるものです。レプチンの分泌量は、摂取カロリー量を減らすと低下します。レプチンの分泌量は、食事量を減らして一時的に減った場合、ダイエット前の食事に戻しても1カ月程度は少ないままです。1ヶ月は食事の量を元に戻しても満腹感を得られにくい状態になり、リバウンドの原因となるのです。何をすれば、リバウンドの原因への対策ができるものなのでしょう。ホメオスタシスが最も活発になるのは、1カ月間の間に減る体重が5パーセントを超えた場合だそうです。一気に体重を減らそうと思わず、1カ月に5%以下の減量を継続することで、リバウンドの原因を作らないダイエットが可能です。レプチンが足りずに満腹感がおきにくいという点についてはどうするべきでしょう。実際の満腹渡と満腹感とのズレは、レプチン量が戻る1カ月間は起きます。食事量を戻してから1カ月間は、満腹を感じるまでたっぷり食べるということは避けます。リバウンドの原因はダイエット挫折後の食事内容ですから、ダイエットを挫折しないこと、食事量をすぐには戻さないことです。