読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『必見!!』

知っているようで知らない。美容&健康.

リバウンドの原因となるホメオタシス

ホメオスタシオスによって停滞期が起きることが、リバウンドの原因だといいます。食事を減らすダイエットにとり組んだ時、序盤のうちはダイエット効果もでやすいといいます。しかし、一定の時期に入ると、それ以後はぱったりと体重が減らなくなります。これはダイエットにつきものの停滞期で、ホメオスタシオスという機能が原因です。食事の量がいきなり減るなど、生存をおびやかすような危機的状況にはホメオスタシスが働きます。緊急時に、体が消費するカロリー量を大幅に減らすことで、生存可能性をたかめるという作用です。ダイエット中にホメオスタシス機能が働くと、食事の量にともなってエネルギー消費量も減少し体重が減らなくなります。リバウンド自体は停滞期が直接的な原因になるわけではないので、対応の仕方を間違わなければダイエットを進めることができます。ホメオタシスがリバウンドの原因になってしまう時期はいつなのでしょうか。停滞期にダイエットを諦めて食事量を元に戻した場合でも、ホメオスタシスはしばらくのあいだ機能し続けます。以前通りの食事量に戻しても、ホメオスタシスはすぐにはそのことに気づかず省エネ稼働を続けるため、使い切れないカロリーが出てしまいます。使い切れないカロリーがホメオスタシスの影響でたくさん出てしまうのが原因で、リバウンドは発生します。