読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『必見!!』

知っているようで知らない。美容&健康.

サプリメントと薬の飲み合わせ

サプリメントを飲んでいても、風邪などを引いてしまって薬を飲まなくてはならず飲み合わせはどうなのかと思うような時もよくあります。サプリメントから摂取していた成分と、薬の成分によっては、飲み合わせが悪いこともあるといいます。良くないというのは、サプリメントと薬の飲み合わせの体への影響です。せっかく飲んでいる薬の効果が出なかったり、効果が出過ぎてトラブルになってしまうこともあるといいます。血液凝固剤を摂取している人がビタミンKを取り入れると、血液が固まらないことがあります。ビタミンB6はパーキンソン病の薬と併用すると、薬ま効果を減衰させてしまうといいます。サプリメントと薬を知らずに飲んでしまって取り返しのつかない事にならないように、薬を飲む際は、薬剤師や医者に必ず、サプリメントの飲み合わせを事前に確認してから飲むようにしましょう。サプリメントを摂取する時は、カフェインなどが含まれているものは避けましょう。お茶やジュースでサプリメントの飲むことで、飲み合わせの弊害が出ることがあります。お茶の成分と栄養素が結びついてしまって吸収が弱まる等の影響があります。お茶に含まれるタンニンは鉄と結びつく性質がありますので、鉄のサプリメントをお茶で飲むと吸収が阻害されてしまいます。サプリメントや薬の摂取には、飲み合わせに問題がないことを確認してから使うことが重要です。